忍者ブログ

司法書士

司法書士に関する情報・基本知識などを記載しています。

自筆証書遺言の撤回について

自筆証書遺言は、撤回することができます。

遺言者が故意に遺言書を破棄した場合は、遺言を撤回したものとみなされます(民法1024条)。



民法第1024条遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなす。遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したときも、同様とする。




遺言者が、遺言書に斜線を引いた場合は「故意に破棄」といえるのでしょうか。

斜線を引いたのみで遺言の文面は判読できる状態の場合にも破棄といえるのでしょうか。

この点について判例は、
遺言者が自筆証書である遺言書に故意に斜線を引く行為は,その斜線を引いた後になお元の文字が判読できる場合であっても,その斜線が赤色ボールペンで上記遺言書の文面全体の左上から右下にかけて引かれているという判示の事実関係の下においては,その行為の一般的な意味に照らして,上記遺言書の全体を不要のものとし,そこに記載された遺言の全ての効力を失わせる意思の表れとみるのが相当であり,民法1024条前段所定の「故意に遺言書を破棄したとき」に該当し,遺言を撤回したものとみなされる。
としています(民集 第69巻7号2021頁)。

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85488


自筆証書遺言の撤回についてでした。

なお、公正証書遺言の原本は公証役場で保管されているため、謄本や正本を故意に破棄しても遺言の撤回とはみなされません。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R